アズビル、プラントで稼働するバルブの健康診断をクラウドで提供するサービスを販売開始

アズビル、プラントで稼働するバルブの健康診断をクラウドで提供するサービスを販売開始

発表日:2020年11月19日
プラントで稼働するバルブの健康診断をクラウドで提供し、生産設備の安定化・保安力強化に貢献する「Dx Valve Cloud Service」を販売開始
アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内 2-7-3 社長:山本清博)は、プラントや工場で稼働するバルブの健全性の診断結果を可視化し、生産設備の安定化・保安力強化に貢献するバルブ解析診断サービスをクラウド上のWEBコンテンツで提供する、「Dx(*1) Valve Cloud Service」を11月20日より販売開始します。
今回販売を開始する「Dx Valve Cloud Service」は、バルブの稼働データをクラウドに自動送信し解析するため、ユーザーは「必要なトキに」「必要なカタチで」「必要なシーンで」、バルブのいわゆる”健康診断”結果を確認することができます。これまではバルブ内部の状態が見えないために開放点検しなければ判らなかったバルブの異常の早期発見や予測を行うことが可能となり、バルブが原因となるトラブルを未然に防止し、生産設備安定化に貢献します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る