慶大と三菱地所、横浜・関内エリアでのオープンイノベーション推進に向けた共同研究を開始

慶大と三菱地所、横浜・関内エリアでのオープンイノベーション推進に向けた共同研究を開始

発表日:2020年11月19日
慶應義塾大学と三菱地所が、横浜・関内エリアでのオープンイノベーション推進に向けた共同研究を開始
-横浜・関内にWith/After コロナ時代を見据えた情報発信拠点を設置-
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(以下、慶應SDM)と三菱地所株式会社(以下、三菱地所)は、関内ベンチャー企業成長支援拠点事業共同企業体(代表企業:三菱地所)が横浜市との協働事業により運営する関内ベンチャー企業成長支援拠点「YOXO BOX(よくぞボックス)」において、横浜におけるオープンイノベーションの推進とビジネスエコシステム形成を目的とした共同研究契約を、2020年11月2日に締結しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る