ルネサス、コクピット・デジタルクラスタ向けにR-Car Gen3eシリーズを発売

ルネサス、コクピット・デジタルクラスタ向けにR-Car Gen3eシリーズ

発表日:2021年07月20日
車載インフォテインメント、コクピット、デジタルクラスタ向けに、第3世代R-CarのCPU性能を最大約20%向上したR-Car Gen3eシリーズを発売
~第3世代のR-Carとソフトウェアが完全互換のため、容易にシステムのアップグレードが可能~
ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼 CEO:柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、車載用R-Car SoC(System on Chip)の第3世代製品のCPU性能を向上させたR-Car Gen3eシリーズとして、「R-Car H3e」、「R-Car H3Ne」、「R-Car M3e」、「R-Car M3Ne」、「R-Car E3e」、「R-Car D3e」の6製品のサンプル出荷を開始しました。中でも、R-Car H3e、R-Car M3e、R-Car M3Neは、CPUの最大動作周波数を1.7GHzから2GHzと約20%アップし、性能も最大で50,000 DMIPSまで向上しました。これによりルネサスは、エントリからミッドレンジの車載インフォテインメント(IVI)、統合コクピット、デジタルインスツルメントクラスタ、ドライバモニタリングシステム、LEDマトリクスライトなど、高品質なグラフィックス表示を必要とする車載アプリケーション向けにR-Carを拡充し、スケーラブルなラインアップを提供します。新製品は、従来の第3世代R-Carとピン互換かつ完全なソフトウェア互換のため、ユーザは容易にシステムのアップグレードが可能となり、新しいアプリケーションの追加や大型のディスプレイによるユーザエクスペリエンスの向上、セキュリティ機能の強化、安全性の向上などを実現します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る