NTTテクノクロス、コールバック運用支援ソリューション「CTBASE/afuRe:Call」を発売

NTTテクノクロス、コールバック運用支援ソリューション「CTBASE/afuRe:Call」

発表日:2021年11月08日
コールバック運用支援ソリューション「CTBASE/afuRe:Call」を販売開始
~音声認識AI技術でオペレーターを自動割り当てし、コールセンター業務を効率化~
NTTテクノクロス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:桑名栄二 以下、NTTテクノクロス)は、コールセンターの録音受付内容に応じて適切なオペレーターに自動で割り当てを行い、コールセンター業務を効率化する「CTBASE/afuRe:Call(シーティーベース あふれコール)」を2021年11月11日から販売します。
なお、「CTBASE/afuRe:Call」は、国内最大級となるコールセンター/CRM(*1)業界向けの展示会「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2021 in東京」(開催期間:2021年11月11日、12日、主催:株式会社リックテレコム 月刊コールセンタージャパン、インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社)にて、出展予定です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る