ルネサス、超低ジッタのタイミングデバイス ClockMatrix 2ファミリを発売

ルネサス、超低ジッタのタイミングデバイス ClockMatrix 2ファミリ

発表日:2021年12月15日
通信速度400/800Gbpsの光ネットワークおよび有線ネットワーク向けに、超低ジッタのタイミングデバイス ClockMatrix 2ファミリを発売
~IEEE1588の全動作モードに対応するシンクロナイザ/ジッタ減衰器「RC32614」を提供開始~
ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼 CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、通信速度が400/800Gbps(ギガビット/秒)の光通信ネットワークおよび有線ネットワーク用途に向けて、高性能かつ高精度のマルチチャネルタイミングデバイス ClockMatrix 2ファミリを発表しました。第一弾としてシンクロナイザ/ジッタ減衰器「RC32614」を発売し、量産を開始しました。2019年に発売した5G無線および100/200Gbps有線ネットワーク用途向けのClockMatrixをベースに開発しており、ClockMatrix 2も、PTP(高精度時刻同期プロトコル)を規定するIEEE1588規格に対応するための機能を備えています。ClockMatrix 2は、最大112Gbps PAM4のデータ伝送速度に対応する同期イーサネットPHYにおいて、88fs(フェムト秒)RMSという超低ジッタを実現しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る