堀場製作所、ダイヤモンド電極を採用した残留塩素濃度モニター「UP-400CL」を発売

堀場製作所、ダイヤモンド電極を採用した残留塩素濃度モニター「UP-400CL」を発売

発表日:2022年05月23日
食品洗浄水の残留塩素濃度管理を自動化  世界初のダイヤモンド電極を採用した 残留塩素濃度モニター「UP-400CL」を発売
〜食品の調理・製造・加工現場における衛生管理の大幅な負担軽減を実現〜
株式会社堀場製作所(以下、当社)のグループ会社で水計測事業を担う株式会社堀場アドバンスドテクノ(本社:京都府京都市南区吉祥院宮の東町2番地、代表取締役社長:堀場 弾、以下 堀場アドバンスドテクノ)は、世界初(※1)のダイヤモンド電極を採用した残留塩素濃度モニター「UP-400CL」を2022年5月23日に発売します。
※1 ダイヤモンド電極を採用した残留塩素濃度モニターとして(2022年4月時点、当社調べ)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る