島津製作所、水中光無線通信装置「MC500」を発売

島津製作所、水中光無線通信装置「MC500」を発売

発表日:2022年06月30日
水中で80メートル間のデータ送受信を実現
水中光無線通信装置「MC500」を発売
掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
島津製作所は6月30日に水中光無線通信装置「MC500」を発売しました。当社独自の水中光無線通信装置は、緑色と青色のレーザー光の送受信によって水中での高速通信を可能にするモデムです。「MC500」は、近距離(10メートル)を得意とする「MC100」(2020年2月発売)に続く、シリーズ第2弾製品となります。最大80メートルの通信距離を持ち、AUV(Autonomous Underwater Vehicle、自律型潜水機)やROV(Remotely Operated Vehicle、水中ドローン)と呼ばれる水中ロボットに搭載して、ロボット間やロボット・洋上船間などの通信を可能にします。当社は本製品を通じて、「洋上風力発電などのインフラの設置・保守」「海底パイプラインの検査」「レアアースなどの鉱物資源の探査」といった海洋業務の効率化に貢献いたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る