ロート製薬、箱根ベーカリーと機能性表示食品「焦がしバターのメロンパン」を共同開発

ロート製薬、箱根ベーカリーと機能性表示食品「焦がしバターのメロンパン」を共同開発

発表日:2022年08月01日
日本初の機能性表示食品のメロンパン
「焦がしバターのメロンパン」新発売
食後の中性脂肪の上昇を抑えるグロビンペプチド(※1)入り
ロート製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:杉本雅史、以下「ロート製薬」)は箱根ベーカリー株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:小林巧歩、以下「箱根ベーカリー」)と共に、日本初の機能性表示食品のメロンパン「焦がしバターのメロンパン」を共同開発いたしました。本品は2022年8月1日(月)から箱根ベーカリー全店舗にて発売いたします。
※1. 「グロビンペプチド(METAP(R))」とは…中性脂肪の上昇を抑えるはたらきがあることが分かっている、バリン-バリン-チロシン-プロリン(VVYP)のテトラペプチドを含んだペプチド混合物です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る