選択 携帯へ | PC版アクセス継続

新発売・新商品・人気商品・新製品クチコミ

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1009|返信: 0

バスケットボール「GL7X/GL6X」

[コピーリンク]
発表 2015年3月9日 21:59:33 | 全階表示 |閲覧モード
PR

バスケットボール「GL7X/GL6X」

バスケットボール「GL7X/GL6X」

モルテン
均質性と視認性を高めたバスケットボール「GL7X/GL6X」を発売

均質性と視認性をさらに高めた最上位モデル
バスケットボール『GL7X/GL6X』発売
 競技用ボールとスポーツエキップメントメーカーの株式会社モルテン(本社:広島市西区、代表取締役社長:民秋清史)は、2015年3月16日(月)にバスケットボール『GL7X/GL6X』を全国のスポーツ店などで発売します。
 従来のトップモデル『GL7/GL6』は2004年の発売当初から高い評価をいただき、国際バスケットボール連盟(FIBA)主催の国際大会をはじめとする多くの大会で公式試合球に採用されてきました。『GL7X/GL6X』はバスケットボールに求められる機能性を更に高めた最上位モデルです。
 ボール表面のシボを規則正しい並列パターンシボにしたことで、ボールのどこを触れても同じタッチが得られるよう均質性を高めました。デザインは、『GL7/GL6』に採用した12枚パネルのジウジアーロデザインを継承しつつ、オレンジとクリーム色の明度差をより大きくしたことでボールの視認性を向上させました。これにより選手も観客もボールの動きをより追いやすくなります。
 『GL7X/GL6X』は、FIBA主催国際大会や日本バスケットボール協会(JBA)主催大会などの公式試合球として使用されることが決まっています。今後もバスケットボールに関わるすべての方々に機能 デザインともに優れた製品を開発 提供し続け、モルテンブランドの約束である“For the real game”を実現してまいります。
製品特長
1.均質なボールタッチを追求した並列パターンシボ
 これまではランダムに配置していたシボの配列を規則正しい並列パターンに変更しました。これによりボール表面の触感のバラつきが抑えられ、どこを触れても均質なボールタッチが得られます。
2.視認性を高めたカラーリング
 オレンジとクリーム色のパネルにそれぞれ新色を採用し、パネル間の色の明度差を大きくしました。これによりボールの視認性が向上しました。選手はボールの動きを追いやすくなり、また観客も試合に入り込みやすくなり、会場全体の一体感を高めます。
 ※参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照
製品概要
 ※添付の関連資料を参照
使用大会
  2015年FIBA(国際バスケットボール連盟)主催大会唯一の公式試合球
  JBA主催平成27年度全日本総合選手権大会唯一の公式試合球
  NBL(日本バスケットボールリーグ)2015-2016唯一の公式試合球
  WJBL(日本女子バスケットボールリーグ機構)2015-2016唯一の公式試合球
モルテンについて
 競技用ボールとスポーツエキップメントメーカーのモルテンは、1958年よりサッカー、バスケットボール、バレーボール、ハンドボールなどの競技用ボールの製造と販売を行い、決して妥協することない品質を維持しています。
 モルテンは世界中のトップリーグやチーム、国際大会で使用される公式試合球やスポーツエキップメントなどの革新的製品を生み出し、グローバル スタンダードとしての品質を高め続けています。
 詳細については、弊社サイトを参照ください。URL:http://www.molten.co.jp
For the real game(フォー ザ リアル ゲーム)とは
 私たちが製品や活動を通じて実現していきたいこと、すなわち『完璧なボールとスポーツエキップメントによってプレーヤーのパフォーマンスと意思が100%発揮される時、そこに本物のゲームが実現する。』という私たちの信念と姿勢を集約したモルテンのブランドステートメントです。
 私たちはこのブランドステートメントを約束事とし、事業活動や製品づくりを行っています。
<読者お問い合わせ先>
 モルテングローバルマーケティング:03-3625-8302
モルテン 

返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール


Archiver|新発売・新商品・新製品クチコミ

GMT+9, 2019年9月16日 13:08 , Processed in 0.433230 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2 Licensed

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ