選択 携帯へ | PC版アクセス継続

新発売・新商品・人気商品・新製品クチコミ

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1206|返信: 0

dynabook Satellite B75

[コピーリンク]
発表 2015年7月14日 10:23:34 | 全階表示 |閲覧モード
PR

dynabook Satellite B75

dynabook Satellite B75

東芝
15.6型ビジネスノートPC「dynabook Satellite シリーズ」を発売

低消費電力モデルを拡充
15.6型ビジネスノートPC「dynabook Satellite シリーズ」の発売について
~フルHD液晶や高速SSDなどを選択できるカスタムメイドメニューも充実~
 当社は法人向けに、超低電圧版CPUのバリエーションを豊富にした15.6型ビジネスノートPC「dynabook Satellite B75」および「dynabook Satellite B65」を、7月27日から販売します。
 消費電力を従来と比べて最大で約30%削減できる(注1)ほか、フルHD液晶画面やSSD、指紋認証センサー(注2)などが選択可能となるカスタムメイドメニューが充実しています。
 なお、これらのモデルはWindows10アップグレードサポート対象予定です(注3)。
省電力設計により節電 節約に貢献
 低消費電力の第5世代インテル(R)Core(TM)プロセッサーを搭載し、従来モデルでは65Wだった最大消費電力が45Wに低減するため、最大で約30%の節電が可能です(注1)。また、当社独自のすり合わせ技術により、低消費電力CPUの性能を引き出しながらも(注4)、約9時間(注5)の長時間駆動を実現しました。電力需要の高い昼間の就労時間帯はバッテリー駆動だけで長時間使えるため、昼間の節電に貢献するとともに、消耗したバッテリーを電気代の安い深夜電力(注6)で自動充電(注7)させることで、電力需要の平準化と節約にも貢献します。「dynabook Satellite B75」「dynabook Satellite B65」では、節電効果の高い低消費電力CPUのバリエーションを拡大しました。
高速 省電力 堅牢なSSDを選択可能
 電子的にデータのやり取りを行うSSDを搭載するモデルが選択可能です。HDDのように機械を駆動させデータを読み書きしないので、処理速度が格段に高速になり、OSやアプリの起動、データの読み出しなどの時間がHDDに比べて短縮されます。また、HDDよりも省電力で、節電 環境調和にも貢献することに加え、静音で発熱量も低く、さらには振動や衝撃に強いという特長もあり、HDDのようにディスクが傷ついてデータを損失するということもありません。HDDをSSDに置き換えることで業務効率を向上させ、生産性の向上に貢献します。
充実のインターフェース、カスタムメイドメニュー
 USB×4、RGBに加え、4K解像度のHDMI出力ポートなど、ビジネスに必須のインターフェースを搭載しています。また、SSDや書き込み機能を有さないDVD-ROMドライブのほかにも、フルHD液晶画面や指紋認証センサー(注2)、フルサイズテンキー付きキーボードなどが選択できるカスタムメイドメニューが充実しており、ビジネスシーンに応じた最適な構成を選択可能です。
セキュリティ対策、インテル(R)vPro(TM)テクノロジーにも対応
 「dynabook Satellite B65」では、Celeron(R)プロセッサーモデルにもTPMセキュリティチップを搭載しました。また、「dynabook Satellite B75」はインテル(R)vPro(TM)テクノロジーに対応しているほか、カスタムメイドメニューで指紋認証センサーを選択可能です。
使いやすさと堅牢性を追求
 部品点数の改善で省資源化に配慮するとともに、最厚部でも約23.9mmという薄型筐体を実現しました。持ち運んでの利用や、セキュリティのための収納が容易になります。この薄型筐体には、移動や落下等による振動 衝撃から大切なデータを保護するための3D加速度センサーやHDDフローティング構造を採用し、堅牢性を追求しています。また、第三者機関の100kgf面加圧テスト、76cm落下テスト、30cc防滴テストといった過酷な評価テスト(注8)により、堅牢性のさらなる検証も行っています。
 注1 2014年7月発売の「dynabook Satellite Bシリーズ(B654/M、B554/M、B454/M)」(最大消費電力65W)との、最大消費電力における比較。
 注2 「dynabook Satellite B75」で選択可能。指紋認証センサーを選択した場合、キーボードはフルサイズテンキー付きキーボードとなります。
 注3 詳細はdynabook.comの「Windows 10 アップグレードサポート対象予定機種について(http://dynabook.com/assistpc/osup/windows10/target/index_j.htm)」をご参照ください。
 注4 本製品に使われているプロセッサー(CPU)の処理能力は、お客様の本製品の使用状況によって異なります。
 注5 HD液晶画面搭載モデル選択時。一般社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver2.0)(<a href='http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=84&amp;ca=14' target='_blank'>http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/ ... amp;ca=14</a>)」に基づいて測定。ただし、実際の動作時間は使用環境および設定などにより異なります。バッテリー動作時間の測定方法については、dynabook.comのサポート情報(http://dynabook.com/assistpc/index_j.htm)をご確認ください。
 注6 各電力会社と夜間料金契約が必要です。
 注7 ピークシフト機能を使うことで、ACアダプターが接続されていれば、あらかじめ設定した時間にAC電源からの電力供給が自動的に開始されます。
 注8 ドイツの認証機関TUVの耐久テスト。
    ※無破損、無故障を保証するものではありません。
    ※これらのテストは信頼性データの収集のためであり、製品の耐落下衝撃性能や対浸水力、耐加圧性能をお約束するものではありません。また、これらに対する修理対応は、無料修理ではありません。落下、浸水後はかならず点検 修理(有料)にお出しください。
 *Intel、インテル、Intelロゴ、Intel Core、Celeron、vProは、インテルコーポレーションの商標または登録商標です。
 *HDMI、HDMIロゴ及びHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国 における商標または登録商標です。
 *SDDとはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略称であり、フラッシュメモリドライブを記録媒体とするドライブです。
新商品について
  dynabook Satellite B75
  2015年7月27日販売開始
  dynabook Satellite B65
  2015年7月27日販売開始
◇お客様からのお問い合わせ先について
dynabook Satellite B75およびdynabook Satellite B65に関するお問い合わせ先
 『東芝PCあんしんサポート』
 通話料無料
 0120-97-1048
 受付時間 9:00~19:00(年中無休)
 ※電話番号はお間違えのないよう、お確かめのうえおかけください。
 携帯電話、PHSからのご利用で上記電話番号に接続できないお客様は、0570-66-6773(通話料お客様負担)で受け付けています。
 また、海外からのお電話や一部のIP電話などで、フリーダイヤルやナビダイヤルをご利用になれないお客様は、043-298-8780(通話料お客様負担)で受け付けいます。
 なお、新商品情報は当社のPC総合情報サイト 「dynabook.com(http://dynabook.com/pc/business/index_j.htm」でも提供します。
東芝 

返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール


Archiver|新発売・新商品・新製品クチコミ

GMT+9, 2019年9月23日 03:30 , Processed in 0.258146 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2 Licensed

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ