選択 携帯へ | PC版アクセス継続

新発売・新商品・新製品クチコミ

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 815|返信: 0

ロボットドライバ「RDV-X」「RDV-P」

[コピーリンク]
発表 2015年7月27日 17:05:25 | 全階表示 |閲覧モード

ロボットドライバ「RDV-X」「RDV-P」

ロボットドライバ「RDV-X」「RDV-P」

ヤマハ発動機
位置決め整定時間の短縮と省スペース化を実現したロボットドライバーの新製品を発売

位置決め整定時間の短縮と省スペース化を実現
ロボットドライバ「RDV-X」「RDV-P」新発売
 ヤマハ発動機株式会社は、ロボットドライバ(※1)の新製品「RDV-X」「RDV-P」を2015年9月より発売します。従来機種との互換性を保ちながら、単軸ロボットの位置決め整定時間が従来機種比約40%短縮されました。さらにコンパクト設計によって制御盤内の設置幅が従来機種比約45%の省スペース化を実現しました。
 「RDV-X」は、サーボモータ単軸ロボットFLIP-Xシリーズ、「RDV-P」はリニアモータ単軸ロボットPHASERシリーズに対応し、それぞれ現行の「RDX」「RDP」の後継機種となります。いずれも、従来より広く使われているパルス列入力方式(※2)ロボットドライバです。
 ※1 ロボットドライバとは、産業用ロボット製品の駆動を高速かつ高精度に実現する制御機器
 ※2 パルス列入力方式とは、広く一般的に用いられているモータの回転量をデジタルパルスで入力制御する方法
 名称:RDV-X/RDV-P
 価格:75,000円~(税抜き)
 発売時期:2015年9月
 販売計画:1,500台(2機種合算/発売から1年間/国内外)
〈製品の特徴〉
1)位置決め整定時間の短縮
 応答周波数が従来機種に比べ約2倍に向上。それにより、単軸ロボットの位置決め整定時間が約40%(※1)短縮されました。
2)コンパクト設計により制御盤全体の省スペース化に寄与
ドライバ本体の横幅が従来機種比で最大38%削減、さらに放熱効率の改善により複数のドライバを隙間なく設置できるようになりました。これにより制御盤内の設置幅を約45%(※2)削減することが可能になりました。
3)従来機種との互換性を重視した設計により置き換えが簡単
 従来機種と同様のパラメータ設定と取り付け穴を同ピッチにすることにより、ソフト面 ハード面共に置き換えを容易にしました。
 ※1 サーボモータ 400W、ボールネジリード 20mm、40Kg可搬の場合
 ※2 RDV-X220を4台設置した総幅(従来機種比)
ヤマハ発動機 

返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

Archiver|新発売・新商品・新製品クチコミ

GMT+9, 2017年7月20日 21:34 , Processed in 0.241359 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2 Licensed

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ