選択 携帯へ | PC版アクセス継続

新発売・新商品・新製品クチコミ

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 661|返信: 0

LTC5549

[コピーリンク]
発表 2015年8月10日 16:10:18 | 全階表示 |閲覧モード
PR

LTC5549

LTC5549

リニアテクノロジー
LO周波数ダブラー内蔵の広帯域ミキサー「LTC5549」を発売

新製品「LTC5549」を発売開始
24.4dBmの卓越したIIP3を達成するLO周波数ダブラ内蔵の2GHz~14GHz広帯域ミキサ
 リニアテクノロジー株式会社は、2GHz~14GHzの広いRF周波数範囲でアップコンバータとダウンコンバータのいずれとしても動作可能な二重平衡ミキサ「LTC5549(http://www.linear-tech.co.jp/product/LTC5549</a>)」の販売を開始しました。LTC5549の1000個時の参考単価は9.50ドルからで、リニアテクノロジー国内販売代理店各社経由で販売されます。製品の詳細情報は、リニアテクノロジーのWebサイトをご参照ください(http://www.linear-tech.co.jp/product/LTC5549</a>)。
 LTC5549は9GHzでのIIP3が24.4dBmという並外れて高い直線性を実現します。内蔵LOバッファにより、必要な駆動レベルはわずか0dBmで、外付けの高電力LOアンプ回路が事実上不要なので、マイクロ波トランスミッタおよびレシーバの効率的なデザインが可能です。さらに、LO信号用の切り替え可能な周波数ダブラを内蔵しているので、一般に入手可能な低価格の低周波シンセサイザを使用することができます。採用されている内蔵広帯域バラン トランスは、RF周波数帯域幅を2GHz~14GHzに広げるように最適化されており、シングルエンド動作を可能にします。
 IFポートの帯域幅も広く、最大6GHzです。3つのポートはすべて50Ωに整合しています。このミキサはポート間の絶縁性が高く、望ましくないLOリークを最小限に抑え、外部フィルタ要件を緩和します。
 LTC5549の性能により、マイクロ波バックホール、高い免許不要の帯域を使ったLTE-Advanced基地局、衛星広帯域無線、レーダー システム、X帯域およびKu帯域のトランシーバ、テスト装置、衛星モデムなどの様々なマイクロ波アプリケーションが強化されます。
 LTC5549はすべてのピンのESD定格が2,000V HBM(人体モデル)であり、高いESD保護性能を実現します。3mm x 2mmの小型12ピン プラスチックQFNパッケージに収められ、外付け部品を最小限に抑える設計を採用しているので、実装面積の小さいソリューションになります。このデバイスは-40℃~105℃の動作温度範囲で仕様が規定され、拡張動作温度環境に適応します。3.3Vの単一電源で動作するように最適化されており、公称電源電流は115mAです。また、イネーブル ピンを使ってデバイスをディスエーブルすることができます。ディスエーブル時に流れるスタンバイ電流は最大でわずか100μAです。このイネーブル ピンを使ってデバイスを0.2μs以内に素早くオン/オフできるので、時分割複信(TDD)やバーストモード タイプの無線に対応できます。
LTC5549の特長:
  動作RF周波数:2GHz~14GHz
  アップコンバージョンまたはダウンコンバージョン
  IF周波数範囲:0.5GHz~6GHz
  高い入力IIP3:24.4dBm
  小さい変換損失:8.0dB
  低いLO駆動レベル:0dBm
  バイパス可能なLO周波数ダブラを内蔵
 Copyright:2015 Linear Technology Corporation
リニアテクノロジーについて
 S&P500の一員であるリニアテクノロジーは、過去30年にわたり広範囲に渡る高性能アナログICの設計 製造及びマーケティング活動を行い、世界中の多くの企業に提供しています。リニアテクノロジーの半導体は、私たちのアナログ世界と「通信」、「ネットワーキング」、「産業」、「自動車」、「コンピュータ」、「医療」、「精密機器」、「民生」さらには「軍需航空宇宙」システムで幅広く使用されている、デジタル エレクトロニクスとの架け橋の役目を担っています。リニアテクノロジーは、パワーマネージメント、データ変換、信号調整、RF、インタフェース、μModuleサブシステム及びワイヤレス センサ ネットワーク製品を設計 製造 販売しています。
 LT,LTC,LTM,Burst Mode,μModule,Over-the-Top,LTP及び会社ロゴはLinear Technology Corporationの登録商標です。FracNWizard及びClockWizardはLinear Technology Corporationの商標です。その他の登録商標 商標は、それぞれの所有者にその権利が帰属します。記載内容は予告なしに変更される場合があります。
リニアテクノロジー 

返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

Archiver|新発売・新商品・新製品クチコミ

GMT+9, 2017年4月24日 12:28 , Processed in 0.592811 second(s), 19 queries .

Powered by Discuz! X3.2 Licensed

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ