マツダ、「MAZDA3」「MAZDA CX-30」を一部商品改良し発売

マツダ、「MAZDA3」「MAZDA CX-30」

発表日:2021年04月26日
「MAZDA3」「MAZDACX-30」を一部商品改良
-環境性能と乗り心地を改善し、運転する楽しさをより進化-

今回、「MAZDA3」「CX-30」の新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X(イー・スカイアクティブ エックス)」搭載車は、ドライバーの意図に応える瞬発力を高めた自在感と走行性能はそのままに、排出ガス性能と燃費を改善しました。これにより、一部機種(1)が、2030年度燃費基準における減税対象(2)となります。
マツダは、2030年の電動化100%を進める技術として、今後も内燃機関の理想を徹底的に追求し、効率的な電動化技術と組み合わせて展開することでCO2削減に貢献します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る