ヤマハ、ハイクラスAV レシーバー 3モデルを発売

ヤマハ、ハイクラスAV レシーバー 3モデル

発表日:2021年05月13日
デザイン、筐体、回路構成を一新。新世代のAV エンターテイメントを圧倒的なクオリティで楽しめるハイクラスAV レシーバー 3モデルを新発売
ヤマハAV レシーバー『RX-A8A』『RX-A6A』『RX-A4A』

ヤマハ株式会社は、新しい外観デザインに加え、約3年の開発期間をかけ筐体・回路構成を一新、最新鋭パーツを投入することによりオーディオの本質=音を妥協なく追求し、新世代のAV エンターテイメントを圧倒的なクオリティで楽しむことができるAVENTAGE(アベンタージュ)の上位モデル『RX-A8A』『RX-A6A』『RX-A4A』を7月30日より順次、全国で発売いたします。制振性能を高めたAVENTAGEの象徴である〈5番目の脚〉をはじめ、Qualcomm(R) 64bit SoC(System-on-a-Chip)の採用によってさらに自然な音場再現を実現したヤマハ独自のサラウンド機能「SURROUND:AI(サラウンド エーアイ)」を搭載し、3D サラウンドフォーマット「AURO-3D(R)」(1)にも新たに対応しました。他にも8K/60Hz パススルーやVRR、QMS、QFT、ALLMといった最新のフォーマットに対応(2)したHDMI端子も搭載しています。ヤマハのハイクラスAV レシーバーとして、映画やテレビをはじめ、音楽、ゲームといったあらゆるコンテンツを”この音に、この世界にいつまでも浸っていたい”と感じ、お楽しみいただける深い音楽体験、TRUE SOUNDをお届けします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る