OKI、映像AIを活用して組立工程の作業ミス見逃しを防止する「外観異常判定システム」を販売開始

OKI、映像AIを活用して組立工程の作業ミス見逃しを防止する「外観異常判定システム」

発表日:2021年06月01日
OKI、映像AIを活用して組立工程の作業ミス見逃しを防止する「外観異常判定システム」の販売開始
~本庄工場にて作業ミス見逃し”0″化を実証、省力化・自動化により作業時間も15%削減
OKIは、製造現場のなかでも特に熟練者の技術・経験を必要とする検査工程にAIを取り入れて省力化・自動化を実現する映像AIソリューション「外観異常判定システム」を開発し、本日より販売を開始しました。本システムはカメラで撮影した検査対象の部品・製品の高精細映像をAIで映像解析することにより、リアルタイムで製品の外観異常を自動判定します。OKI本庄工場(埼玉県本庄市)で実施した実証実験では、本システムの導入により、組立工程における作業ミスの見逃し”0″化、さらには製造工程全体の作業時間の15%削減という効果を確認しました。OKIは本システムを、スマート工場を実現するManufacturing DX(注1)のソリューションの一つとして販売し、今後3年間で10億円の売り上げを目指します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る