日立、「SAP HANA クラウドサービス」のGoogle Cloud対応版を発売

日立、「SAP HANA クラウドサービス」のGoogle Cloud対応版

発表日:2021年10月06日
日立が「SAP HANA クラウドサービス」のGoogle Cloud(TM) 対応版を販売開始
お客さまのDX実現に向けた基幹システムのクラウド移行を継続的に支援

株式会社日立製作所(以下、日立)は、多くの企業の基幹システムを支えるSAP HANA基盤のアセスメント、設計、クラウド上での環境構築から運用管理までを一括して提供する「SAP HANA クラウドサービス」を、新たにGoogle Cloudに対応させ、10月6日より販売開始します。日立は、これまで自社のデータセンターを介して本サービスを提供してきましたが、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)加速に伴うパブリッククラウド対応の第一弾としてGoogle Cloud上でのサービス提供を追加します。本サービスは、日立および日立ヴァンタラ社の子会社であるoXya社(オキシア社)(*1)での1,000プロジェクトを超えるSAP HANAシステムの導入実績や、パブリッククラウドの先進的な技術・ノウハウを活用しています。本サービスを通じて経験豊富な日立のエンジニアが、お客さまのSAP HANA基盤の環境設計・構築から運用、問い合わせ対応までをワンストップでサポートすることで、お客さまが安心して利用できる環境を迅速に提供します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る