ブルーイノベーション、放射線の検知・計測ができる屋内点検用ドローン「ELIOS 2 RAD」を発売

ブルーイノベーション、放射線の検知・計測ができる屋内点検用ドローン「ELIOS 2 RAD」

発表日:2021年10月26日
放射線の検知・計測ができる屋内点検用ドローン「ELIOS 2 RAD」の販売を10月26日(原子力の日)より開始
~原子力施設の通常時・緊急時の点検に即応。データ利活用による予兆保全・DX化の推進も~

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:熊田 貴之、以下 ブルーイノベーション)は、放射線センサーを搭載し、飛行経路中の放射線の検知・計測ならびに漏洩位置の特定ができる屋内点検用球体ドローン「ELIOS 2 RAD」(エリオス・ツー・ラド)の販売を、10月26日(原子力の日(※))より開始します。
※原子力の日
1956年(昭和31年)に日本が国際原子力機関への加盟を決めた日であるとともに、1963年(昭和38年)、日本原子力研究所(現、日本原子力研究開発機構)が日本で初めて原子力による発電に成功した日であることから、原子力の日とされた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る