ニコン、「生物顕微鏡用対物レンズ『CFI プランアポクロマート Lambda D』シリーズ」を発売

ニコン、「生物顕微鏡用対物レンズ『CFI プランアポクロマート Lambda D』シリーズ」

発表日:2021年12月23日
広視野観察に対応し、幅広い波長域の色収差を補正
生物顕微鏡用対物レンズ「CFI プランアポクロマート Lambda D」シリーズを発売
株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンソリューションズ(社長:園田 晴久、東京都品川区)は、視野数(※1)25mmの広視野観察に対応し、幅広い波長域の色収差補正を可能にした、生物顕微鏡用対物レンズ「CFI プランアポクロマート Lambda D」シリーズを計7本発売します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る