日産自動車、JVCケンウッド、フォーアールエナジー、電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源を開発

日産自動車、JVCケンウッド、フォーアールエナジー、電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源を開発

発表日:2022年04月26日
日産自動車、JVCケンウッド、フォーアールエナジー、電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源を開発
日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠 以下「日産」)と株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市神奈川区、社長:江口 祥一郎 以下「JVCケンウッド」)、フォーアールエナジー株式会社(神奈川県横浜市西区、社長:堀江 裕、以下「フォーアールエナジー」)の3社は、電気自動車「日産リーフ」の再生バッテリーを利用したポータブル電源を共に開発することで合意し、26日、(開発)試作品を公開しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る