アイ・アール・システム、ポータブル型ガス検知用カメラ「EyeCGas」シリーズを販売開始

アイ・アール・システム、ポータブル型ガス検知用カメラ「EyeCGas」シリーズを販売開始

発表日:2022年07月19日
ポータブル型ガス検知用カメラ「EyeCGas」シリーズの販売開始
メタンなどの可燃性ガスや、一酸化炭素などの有毒ガスの漏洩をガス検知用カメラで発見へ
 2022年7月、株式会社アイ・アール・システム(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:藤井葉子)は、イスラエルのOpgal Optronic Industries社(本社:イスラエル、CEO:Tsachi Israel)製品の取り扱いを開始しました。
 カーボンニュートラルへの各社の取り組みが活発化する中、プラントやパイプラインにおける、目視では確認できないガス漏れをカメラで検知する最新技術への期待が高まっています。OPGAL社が開発したガス検知用カメラ「EyeCGas」シリーズは、無色透明なメタンやプロパンなどの可燃性ガスや、一酸化炭素やアンモニアなどの有毒なガスを可視化することが可能で、安全対策として大きな効果が期待されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る