三菱電機、「大容量EVスマートチャージングシステム」を開発

三菱電機、「大容量EVスマートチャージングシステム」を開発

バスなどの大型車両のEV化促進により環境負荷の低減に貢献

「大容量EVスマートチャージングシステム」を開発

三菱電機株式会社は、EV(電気自動車)バスやEVトラックなどの大型EV向けの新たな充電インフラ構築を目的に、「大容量EVスマートチャージングシステム」を開発しました。本システムが策定した最適な充電計画に基づく自動制御充電などにより、システム全体での最大電力使用量を抑制し、大型EV充電時の配電系統の安定化や充電コスト削減を可能にするとともに、大型車両のEV化促進による環境負荷の低減に貢献します。

三菱電機(株)

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る