凸版印刷、畜肉や魚介類加工品などを長期品質保持できる環境配慮型パッケージを開発

凸版印刷、畜肉や魚介類加工品などを長期品質保持できる環境配慮型パッケージを開発

発表日:2020年11月2日
凸版印刷、冷凍保存食品向け環境配慮型パッケージを新開発
畜肉や魚介類加工品などの冷凍物流・保管時に発生する、変色や風味などの品質劣化を抑制
食の安全・安心や食品ロス削減などの社会課題を解決
凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、長期冷凍保管される畜肉や魚介類加工品などの1次産品を、長期品質保持することが可能となる環境配慮型パッケージを開発しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る