川崎重工、朝日航洋より最新型ヘリコプター「H145/BK117 D-3」を受注

川崎重工、朝日航洋より最新型ヘリコプター「H145//BK117 D-3」を受注

発表日:2020年11月6日
朝日航洋株式会社より最新型ヘリコプター「H145//BK117 D-3」を受注
川崎重工は、朝日航洋株式会社より最新型ヘリコプター「H145//BK117 D-3」(以下、D-3)を受注しました。本件は、同社向けのD-3としては初受注となり、ドクターヘリとして運用される予定です。当社のD-3の受注実績としては、5機目です。
D-3は、現行機であるBK117 D-2(以下、D-2)の改良型です。フルフラットフロアを備えた余裕のあるキャビンスペース、多用途性に優れた後部の観音開きカーゴドア、高高度におけるホバリング(空中停止)性能の向上、低騒音化、そして最新のアビオニクス(電子機器)搭載によるパイロットの負荷低減などのD-2の特長を継承しつつ、最新式のメインローター・システム(5枚ブレード・メインローター)などにより、以下のとおり性能を向上させています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る