オムロン、SMCとCKDのグリッパーを協調ロボット向け周辺機器群「Plug & Play」に追加

オムロン、SMCとCKDのグリッパーを協調ロボット向け周辺機器群「Plug & Play」に追加

発表日:2020年11月9日
SMC社、CKD社のグリッパー(1)を協調ロボット向け周辺機器群「Plug&Play」に追加、把持・搬送対象を拡充 ~エンドエフェクター(2)の豊富な品揃えで、協調ロボットを活用した柔軟な製造現場を簡単に実現~
オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁)は、従来から展開している協調ロボット「TMシリーズ」用周辺機器群「Plug&Play」に、空気圧制御機器のトップメーカーのSMC株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 丸山勝徳、以下SMC社)とCKD株式会社(本社:愛知県小牧市、代表取締役社長:梶本 一典、以下CKD社)のグリッパーを追加し、ロボットハンドで把持・吸着して搬送が可能な対象物を拡充しました。オムロンは今後も協調ロボット「TMシリーズ」で人と機械の新しい協調を実現し、業界随一の品揃えを持つ制御機器群を組み合わせたトータルソリューションをお客様に提供することで、お客様の製造現場の革新に貢献し続けます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る