マクセル、高輝度10,000ルーメンのレーザー光源プロジェクターを発売

マクセル、高輝度10,000ルーメンのレーザー光源プロジェクターを発売

発表日:2020年11月13日
高輝度10,000ルーメンのレーザー光源プロジェクターを発売
映像表現と視認性を向上させたWUXGAモデル、教育・ビジネス・イベント用途などに対応
マクセル株式会社(取締役社長:中村 啓次/以下、マクセル)は、レーザー光源液晶プロジェクター「8000シリーズ」に最上位機種である10,000ルーメンのモデルを追加し、2021年1月に発売します。大教室や大会議室、イベントや展示会の会場などにおいて、高輝度で色彩表現を必要とする大画面映像のニーズに対応します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る