北大・日立・AMED、共同開発の2軸CBCT機能及び2軸四次元CBCT機能が医療機器の製造販売承認を取得

北大・日立・AMED、共同開発の2軸CBCT機能及び2軸四次元CBCT機能が医療機器の製造販売承認を取得

発表日:2020年11月13日
北大と日立が共同開発した2軸CBCT機能及び2軸四次元CBCT機能が医療機器の製造販売承認を取得
~高精度陽子線治療の提供に期待~
■ポイント
・従来のCBCT機能の課題であった撮影時間が大幅に削減。
・動く部位における腫瘍及び周辺組織の鮮明な三次元画像の取得が可能。
・より多くの患者に対して高精度な陽子線治療を提供できるようになると期待。
■概要
北海道大学大学院医学研究院の清水伸一教授らの研究グループと株式会社日立製作所(日立製作所)は,国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「橋渡し研究戦略的推進プログラム」等の支援により,新たな高精度陽子線治療のための2軸CBCT(*1)機能及び2軸四次元CBCT機能を開発し,製造販売承認を取得しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る