凸版印刷とALSOK福島、ZETAを活用し鳥獣被害対策サービスの実証開始

凸版印刷とALSOK福島、ZETAを活用し鳥獣被害対策サービスの実証開始

発表日:2020年11月17日
凸版印刷とALSOK福島、ZETAを活用し鳥獣被害対策サービスの実証開始
罠の遠隔リアルタイム監視システムを導入した効率的な自治体の鳥獣被害対策支援サービスの実証を福島県大熊町で実施
凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)とALSOK福島株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:前田 泰彦、以下 ALSOK福島)は、LPWA通信規格のZETA(※1)を活用した罠センサー(※2)および罠の遠隔リアルタイム監視システムを用いた鳥獣被害対策支援サービスの実証実験(以下 本実証)を2020年11月17日より福島県大熊町(以下 大熊町)で開始しました

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る