オリンパス、「インテリジェント被写体認識AF」に「鳥認識」を追加した「OM-D E-M1X」のファームウェアを公開

オリンパス、「インテリジェント被写体認識AF」に「鳥認識」を追加した「OM-D E-M1X」のファームウェアを公開

発表日:2020年11月17日
「インテリジェント被写体認識AF」に「鳥認識」を追加した「OM-D E-M1X」のファームウェアVer.2.0を公開
鳥の瞳を優先して検出・追尾し、撮りたい瞬間を逃さない
オリンパス株式会社(取締役 代表執行役 社長兼 CEO:竹内 康雄)は、ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1X」用ファームウェアVer.2.0を2020年12月3日(木)から公開します。AI技術の一種であるディープラーニング技術を用いて開発された「インテリジェント被写体認識AF」に「鳥認識」を追加、カメラが自動で鳥を検出し、鳥の瞳に対して優先的にフォーカス・追尾するため、撮りたい瞬間を逃さず、構図に集中して撮影することができます。さらに、プロの映像制作に求められる動画RAWデータ出力に対応するなど、各種性能を向上させています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る