日本信号、鉄道沿線の設備状態監視システム「Traio」を開発

日本信号、鉄道沿線の設備状態監視システム「Traio」を開発

発表日:2020年11月18日
鉄道沿線の設備状態監視システム「Traio」を開発
日本信号株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本英彦)は、鉄道の設備情報・沿線情報・サービス情報を、地上のIoTネットワークと車上の映像システムによって、クラウドで収集・蓄積・分析するシステム「Traio(トレイオ)」を開発いたしました。設備状態を遠隔で確認できるため、作業員が現地に赴く必要がなくなり、検査効率を大きく向上することが可能です。この度、西日本旅客鉄道株式会社様の営業路線で導入いただくことが決定いたしました。

日本信号、鉄道沿線の設備状態監視システム「Traio」を開発
日本信号、鉄道沿線の設備状態監視システム「Traio」を開発

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る