OSK、電子取引データ保存を効率化した統合型グループウェアパッケージ「eValue V」の新バージョンを発売

OSK、電子取引データ保存を効率化した統合型グループウェアパッケージ「eValue V」の新バージョンを発売

発表日:2020年11月18日
証憑保存や社内稟議の”脱・紙”を加速
~統合型グループウェアのeValue Vが機能強化~
ソフトウェア開発の株式会社OSK(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇佐美 愼治)は、”脱・紙”を加速する機能強化をした統合型グループウェアパッケージ『eValue V(イーバリュー ブイ)』の新バージョンを、2020年11月20日(金)に発売いたします。
税務手続きデジタル化の一環で年々電子帳簿保存法は見直され、2020年の改正では、電子取引データの保存要件が緩和されました。さらに新型コロナウイルス予防対策で急速にテレワーク導入が進む中で、押印業務の是正などが求められています。こうした環境要因により、ペーパーレス化の取り組み強化を検討する企業が増えています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る