キヤノンエコロジーインダストリー、リサイクルプラスチック100%の3Dプリンター用フィラメント2種類を独自開発

キヤノンエコロジーインダストリー、リサイクルプラスチック100%の3Dプリンター用フィラメント2種類を独自開発

発表日:2020年11月19日
リサイクルプラスチック100%の3Dプリンター用フィラメント2種類を独自開発
市場回収複合機を有効活用し循環型社会の実現に貢献

キヤノンエコロジーインダストリー(株)は、初の自社開発製品として、リサイクルプラスチック100%の3Dプリンター用フィラメント2種類(PC+ABS、HI-PS)を独自開発しました。本フィラメントは、市場から回収した複合機の外装カバー、カセットのリサイクルプラスチックを原料としています。
樹脂や金属などの材料を用いた3Dプリンターは、多品種少量の部品を手軽に試作、製造できるため、広く普及しています。一方で世界的に環境問題はより深刻化し、各国はSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた取り組みを求められています。こうした中、キヤノンエコロジーインダストリー(株)では、キヤノン製品のリユース・リサイクルを通じて高度な資源循環を追求しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る