島津製作所、フーリエ変換赤外分光光度計プラスチック劣化評価システム「Plastic Analyzer」を発売

島津製作所、フーリエ変換赤外分光光度計プラスチック劣化評価システム「Plastic Analyzer」

発表日:2020年12月10日
フーリエ変換赤外分光光度計プラスチック劣化評価システム「Plastic Analyzer」を発
マイクロプラスチックや異物の分析に必要な製品一式をパッケージ化
掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
島津製作所は、12月10日にフーリエ変換赤外分光光度計プラスチック劣化評価システム「Plastic Analyzer」を国内外で発売いたします。同システムは、フーリエ変換赤外分光光度計「IRSpirit」、「加熱劣化プラスチックライブラリ」、「紫外線劣化プラスチックライブラリ」(新発売)、「Plastic Analyzerメソッドパッケージ」(新発売)、IRSpiritシリーズ用1回反射ATR測定装置「QATR-S」で構成されています(※)。紫外線や加熱によって劣化したマイクロプラスチックや異物などの測定に必要なハード・ソフト一式がオールインワンとなっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る