HIROTSUバイオサイエンス、検体を長時間低温に保った状態で持ち運び可能な線虫がん検査「N-NOSE」のキットを発売

HIROTSUバイオサイエンス、検体を長時間低温に保った状態で持ち運び可能な線虫がん検査「N-NOSE」のキット

発表日:2021年06月21日
盛夏でも、検体(尿)の保冷状態を確実にキープ!
線虫がん検査「N-NOSE」の新キット発売のお知らせ
-6月21日(月)発売、23日(水)から発送開始-

株式会社HIROTSUバイオサイエンス(本社:東京都千代田区、代表取締役:広津崇亮、以下当社)は、線虫がん検査「N-NOSE」の新検査キットを開発し、検体(尿)を長時間低温に保った状態で持ち運べるようにしました。これにより、従来に比べて夏期の検体持ち運び時間が2時間延長され、お客様により余裕をもって検査を受けていただけるようになりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る