東陽テクニカ、超小型三軸ICP加速度計「356A09」を発売

東陽テクニカ、超小型三軸ICP加速度計「356A09」

発表日:2021年07月05日
ケーブル着脱可能な業界最小加速度計の高感度モデル
超小型三軸ICP(R)加速度計「356A09」発売
~より幅広い分野の製品開発へ対応~

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高野 俊也(こうの としや)、以下 当社)は、PCB Piezotronics, Inc.(本社:米国ニューヨーク州バッファロー、以下 PCB社)製の新製品、ケーブル着脱が可能な超小型三軸ICP(R)(※1)加速度計で加速度感度が10mV/m/s2のモデル「356A09」を、2021年7月7日より国内で販売開始いたします。ケーブル着脱可能な加速度計として業界最小モデル(※2)となる「356A06」(2021年1月発売)の高感度版で、加速度感度が「356A06」の2倍となります。さまざまな産業で最も多く利用される加速度感度の本モデルをラインアップに加え、より幅広い分野の製品開発に対応できるようになりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る