JVCケンウッド、4K/HD PTZリモートカメラ3モデルを発売

JVCケンウッド、4K/HD PTZリモートカメラ3モデル

発表日:2021年07月13日
NDI|HX・SRTプロトコルなど複数のIP伝送プロトコルに対応した新ラインアップが登場
4K/HD PTZリモートカメラ計3モデルを発売

~ライブイベントやリモート講義などの高画質で安定したストリーミング配信を実現~
「KY-PZ400N」:4K出力に対応、NDI|HX・SRTプロトコル対応の高画質モデル
「KY-PZ200N」:HD出力に対応、NDI|HX・SRTプロトコル対応の標準モデル
「KY-PZ200」:SRTプロトコル対応のエントリーモデル
株式会社JVCケンウッドは、JVCブランドより、ネットワーク経由で映像・音声のストリーミング配信が可能なPTZ(パン・チルト・ズーム)リモートカメラの新ラインアップとして、4K出力に対応する「KY-PZ400N」とHD出力に対応する「KYPZ200N」および「KY-PZ200」の計3モデルを9月上旬より順次発売します。
「KY-PZ400N」と「KY-PZ200N」は、高効率・低帯域幅のIP伝送を実現するNDI|HXプロトコルと、安定したIP伝送を実現するSRTプロトコルに対応。インターネットを介して高品質なリモート収録を実現します。「KY-PZ400N」は851万画素1/2.5型CMOSセンサーを搭載し、高解像度の4K出力に対応する高画質モデル。また、「KY-PZ200N」はHD出力に対応する標準モデルです。「KY-PZ200」は、HD出力とSRTプロトコルに対応したエントリーモデルです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る