アルプスアルパイン、通信型ドライブレコーダー連動の「位置情報管理システム」を販売

アルプスアルパイン、通信型ドライブレコーダー連動の「位置情報管理システム」

発表日:2021年08月23日
車両位置をリアルタイムに把握してレンタカー事業者の業務効率向上に貢献
通信型ドライブレコーダー連動の「位置情報管理システム」を販売

アルプスアルパイン株式会社(TOKYO:6770、代表取締役社長:栗山 年弘、本社:東京、以下「アルプスアルパイン」)は、専用の通信型ドライブレコーダーで車両位置を測位して、位置情報管理コンソールによりリアルタイムに車両位置を確認。レンタカー事業者の業務効率向上に貢献する「位置情報管理システム」を開発しました。需要の高まるドライブレコーダーと連動させたシステム構築により、お客様の導入コスト低減にも貢献します。本年7月より、車載音響機器の市販品販売を担うグループ会社、アルパインマーケティング株式会社(以下「アルパインマーケティング」)より販売を開始しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る