島津製作所、マイクロフォーカスX線検査装置「Xslicer SMX-1010/SMX-1020」を発売

島津製作所、マイクロフォーカスX線検査装置「Xslicer SMX-1010/SMX-1020」

発表日:2021年09月08日
マイクロフォーカスX線検査装置 「Xslicer SMX-1010」「Xslicer SMX-1020」を発売
IoT技術を活用したX線管球の従量課金サービスも初めて導入

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
島津製作所は、9月8日にマイクロフォーカスX線検査装置「Xslicer(エックススライサー)SMX-1010」「Xslicer(エックススライサー)SMX-1020」を国内外で同時に発売しました。普及モデルである両製品は、90kVマイクロフォーカスX線管球と高解像度フラットパネル検出器を搭載した縦照射型のX線検査装置です。累計販売1500台を超す従来機種(SMX-1000 Plusシリーズ)から画質・操作性を進化させました。ステージ移動・検出器取り込み速度を向上させることで、検査を効率化しました。透視ステージにセットするCTユニット(オプション品)の操作フローも撮影前の作業時間を80%短縮しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る