リテルヒューズ、外部電源が不要となる高電圧光絶縁型負荷バイアスゲートドライバ「CPC1596」を発売

リテルヒューズ、外部電源が不要となる高電圧光絶縁型負荷バイアスゲートドライバ「CPC1596」

発表日:2021年09月15日
外部電源が不要となる業界初の高電圧光絶縁型負荷バイアスゲートドライバ「CPC1596」を発売
産業向け、ビルディングオートメーション、IoTなど、高速ターンオンを必要とする高出力電子機器アプリケーションに最適
回路保護分野におけるグローバルリーダー、リテルヒューズ・インク (本社:米国イリノイ州シカゴ市、NASDAQ:LFUS) の日本法人であるLittelfuseジャパン合同会社(本社:東京都港区)は、外部電源を必要とせず、数十マイクロ秒オーダーの高速負荷ターンオンを実現する、業界初の高電圧光絶縁型MOSFETゲートドライバ「CPC1596」を本年9月中旬に発売します。こちら( https://bcove.video/3gWixvl)より製品動画をご覧いただけます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る