小田急電鉄、MaaSアプリ「EMot」で秩父鉄道のデジタルチケット2種を発売

小田急電鉄、MaaSアプリ「EMot」で秩父鉄道のデジタルチケット2種

発表日:2021年11月02日
MaaSアプリ「EMot」のデジタルチケット販売対象に「秩父エリア」を追加
11月4日、秩父鉄道のデジタルチケット2種を発売します!

~秋の紅葉シーズン、壮大な景色が魅力な長瀞をスマホ1つで観光可能に~
小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2021年11月4日(木)からMaaSアプリ「EMot」にて、埼玉県秩父エリアのデジタルチケット2種を販売します。これは、秩父鉄道株式会社(本社:埼玉県熊谷市 社長:大谷 隆男)との連携によるもので、「EMot」では初めて埼玉県内のデジタルチケットを取り扱います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る