シャープ、ポリカーボネート製フレームのフェイスシールド/アイシールド2種類2モデルを発売

シャープ、ポリカーボネート製フレームのフェイスシールド/アイシールド2種類2モデル

発表日:2021年11月09日
抗ウイルス(※1)フィルムを採用、低反射・防曇ぼうどんによるクリアな視界と快適な装着感を実現
フェイスシールド/アイシールド 2種類2モデルを発売
シャープは、低反射・防曇によるクリアな視界に加え、快適な装着感で長時間の使用をサポートするポリカーボネート製フレームのフェイスシールド/アイシールド2種類2モデルを発売します。
当社は昨年、感染症の拡大にともなう衛生関連商品に対するニーズの高まりを受け、液晶パネル開発で培った表面の特殊加工技術(モスアイ技術)を活用したフィルムと、装着感や耐久性に優れたチタンフレームを組み合わせた高性能フェイスシールドなどを発売し、対面接客業務に携わる方を中心に幅広く活用いただいています。一方で、感染症対策が長期化する中、これまで活用が進んでいなかった業務向けにも、ニーズが広がりつつあります。
※1 公立大学法人 奈良県立医科大学医学部にてISO 21702を参考とした方法にて、付着した1種類のウイルスで実証。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る