浜松ホトニクス、レーザの出力・スポット径を各用途に最適化したレーザ加熱システムシリーズを発売

浜松ホトニクス、レーザの出力・スポット径を各用途に最適化したレーザ加熱システムシリーズ

発表日:2021年11月25日
はんだ付け、樹脂溶着、接着剤熱硬化に最適化
熱加工用レーザ加熱システムシリーズをラインアップ
12月1日より販売開始

浜松ホトニクス、レーザの出力・スポット径を各用途に最適化したレーザ加熱システムシリーズを発売
当社は、半導体レーザ(LD)照射光源の開発、製造、販売で培ってきた知見により、レーザの出力、スポット径を各用途に最適化した全5種類のレーザ加熱システムシリーズの販売を開始します。これにより、レーザによるはんだ付けや樹脂溶着、接着剤熱硬化の各用途に応じ、最適な製品を選定しやすくなります。また、レーザ熱加工は、従来工法と比べ加工効率が高く環境負荷が少ないことから、本製品の拡販により脱炭素や持続可能な社会の実現にも貢献していきます。本製品は、国内外の電子機器メーカーや自動車部品メーカーなどに向け、12月1日(水)より発売します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る