ソニーグループ、駆動時間と冷却機能が向上したウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET 3」を発売

ソニーグループ、駆動時間と冷却機能が向上したウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET 3」を発売

発表日:2022年04月21日
駆動時間と冷却機能が向上したウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET 3」発売
センシング技術を活用したスマート機能も新搭載
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。
ソニーグループ株式会社は、ウェアラブルサーモデバイス『REON POCKET 3(レオンポケットスリー)』を4月21日より発売します。本商品は、本体接触部分の体表面を直接冷やしたり温めたりすることのできるウェアラブルデバイス、「REON POCKET」の第三世代モデルです。新開発したサーモモジュールと放熱機構により、従来比(※1)最大約2倍(※2)の駆動時間と最大約1.5倍(※3)の吸熱性能を実現しています。さらに、個人に合わせた温度調節機能も強化しています。本体搭載のセンサーにより、冷温部の状態やユーザーの行動を検知し、好みの温度を持続させる「SMART COOL MODE(スマートクールモード)」機能などを、新たに搭載しています。また、首にかけるバンド部分の角度調整が可能になった、専用ネックバンド「NECKBAND 2」も発売します。
※1 : RNP-2
※2 : レベル4使用時の駆動時間を比較した場合。使用状況、環境により変動します。
※3 : 最大冷却レベルの吸熱性能で動作開始60分の平均吸熱量を比較した場合。使用状況、環境により変動します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る