三菱重工業、国内初、マイナス25℃冷凍倉庫対応レーザー誘導方式無人フォークリフトを共同開発

三菱重工業、国内初、マイナス25℃冷凍倉庫対応レーザー誘導方式無人フォークリフトを共同開発

発表日:2022年06月06日
国内初、マイナス25℃冷凍倉庫対応レーザー誘導方式無人フォークリフトを共同開発
全国の三菱ロジスネクスト販売店で6月から販売開始
三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)と三菱重工グループの
PLATTER Auto 冷凍倉庫仕様(1.5~3.0トン積)
三菱ロジスネクスト株式会社(社⻑︓久保 隆、本社︓京都府⻑岡京市、以下、三菱ロジスネクスト)は、マイナス25℃冷凍倉庫対応レーザー誘導方式無人フォークリフト(レーザーAGF)※1「PLATTER Auto 冷凍倉庫仕様(1.5~3.0トン積)」を、株式会社ニチレイロジグループ本社(社長:梅澤 一彦氏、本社:東京都千代田区、以下、ニチレイロジグループ)と共同開発しました。2022年6月6日より全国の三菱ロジスネクスト販売店を通じて販売します。
※1 レーザースキャナで反射板をスキャンし、車両の現在地を認識しながら走行するAGF(Automated Guided Forklift:無人フォークリフト)です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る