リコー、温度・湿度・照度・気圧に加えCO2濃度をモニタリング可能な「RICOH EH CO2 センサーD101」を発売

リコー、温度・湿度・照度・気圧に加えCO2濃度をモニタリング可能な「RICOH EH CO2 センサーD101」を発売

発表日:2022年06月07日
オフィスや商業施設などの二酸化炭素(CO2)濃度をモニタリング可能な「RICOH EH CO2 センサーD101( https://industry.ricoh.com/dye-sensitized-solar-cell/co2sensor)」を発売
〜 環境発電技術搭載により各種環境情報の取得を電池交換レス・配線レスで実現 〜
株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、オフィスや商業施設などの空間の環境情報を、電池交換レス・配線レスで取得できる環境センシングデバイスの新製品として、温度・湿度・照度・気圧に加え、CO2濃度も取得可能な「RICOH EH CO2 センサーD101」を、6月中旬から発売いたします。リコーが開発した固体型色素増感太陽電池モジュール「RICOH EH DSSC シリーズ」を搭載しているため室内光で連続動作が可能で、無線通信を利用して環境情報を収集するため、複数台配置することで広いフロアもリアルタイムに一元管理が可能です。また、厚生労働省や経済産業省が推奨する方式の一つである校正機能を備えたNDIR(*)方式のCO2センサーを搭載しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る