パナソニック、SDI/HDMI入力対応「4Kデジタル入力レコーダー」を発売

パナソニック、SDI/HDMI入力対応「4Kデジタル入力レコーダー」を発売

発表日:2022年06月27日
業界初(※1)となる3種の録画方式(H.265/H.264/MPEG2)を選択可能な業務用レコーダー
SDI/HDMI入力対応「4Kデジタル入力レコーダー」新製品を発売
NASやUSB-HDDに録画映像を自動転送する新機能で多用途の使い方を実現
・品名:デジタル入力レコーダー
・品番:DMR-T5000UR
・ハードディスク容量:4TB
・本体希望小売価格:オープン価格
・発売時期:2022年9月下旬
パナソニック エンターテインメント&コミュニケーション株式会社は、多様な映像機器と接続し、映像のバックアップ、録画映像のメディア記録を行う4Kデジタル入力レコーダー新製品を、9月下旬より発売します。12G-SDIに対応したSDI入力端子、HDMI入力端子を装備し幅広い機器に対応、録画方式も、業界初(※1)となる3種類H.265/H.264/MPEG2からの選択が可能となりました。
※1 光ドライブを搭載し、外部入力端子を備えたレコーダー(2022/6当社調べ)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る