横河電機、プローブ形レーザガス分析計「TDLS8200」の防爆仕様品を発売

横河電機、プローブ形レーザガス分析計「TDLS8200」の防爆仕様品を発売

発表日:2022年07月22日
横河電機
OpreX Analyzersのラインアップであるプローブ形レーザガス分析計「TDLS8200」の防爆仕様品を開発・発売
〜酸素濃度に加え一酸化炭素濃度やメタン濃度の同時測定で加熱炉燃焼制御の最適化を支援〜
横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)は、OpreX(TM)Analyzersのラインナップであるプローブ形レーザガス分析計「TDLS8200」の防爆仕様品を開発し、7月25日に発売しますのでお知らせします。TDLS8200は、設置コストの低さ、測定精度の安定性と高信頼性という特長を有し、酸素に加え、一酸化炭素またはメタンの濃度を1台で直接かつ高速に同時測定することができるレーザガス分析計です。現在、測定可能な温度が600℃までと850℃までのタイプを販売しており、今回防爆仕様を追加したことでより多くの場面でご使用いただけるようになりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る