アイ・アール・システム、ロボット搭載型のガス検知用カメラを販売開始

アイ・アール・システム、ロボット搭載型のガス検知用カメラを販売開始

発表日:2022年08月08日
ロボット搭載型のガス検知用カメラを販売開始!
工場内外のメタンなどのガス漏れ検知を自動化で、安全性の向上、人手不足解消へ
 2022年8月、株式会社アイ・アール・システム(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:藤井葉子)は、アメリカのMFE Inspection Solutions社(本社:アメリカ、CEO:Bill Duke)が開発した、Boston Dynamics社製歩行ロボット「SPOT」へ搭載可能なガス検知用カメラ「MFE OGI」の販売を開始した。
 大規模施設における巡回作業の自動化や危険な空間での人による点検作業の置き換えなど、省人化や安全対策として歩行ロボット「SPOT」を使用した最新技術への期待が高まっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る