タカラトミー、「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」「スーパースピードトミカ」を発売

タカラトミー、「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」「スーパースピードトミカ」

発表日:2021年04月20日
50周年のその先へ──”トミカ アドバンスプロジェクト”始動
「トミカ」史上初! NFCチップ搭載で専用アプリとデータ連動
「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」
「スーパースピードトミカ」 6月19日(土)発売

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)が発売するダイキャスト製ミニカー「トミカ」は昨年2020年に50周年を迎え、これからの50年に向けて「トミカ」をさらに進化させるプロジェクト”トミカ アドバンスプロジェクト”を始動いたします。本プロジェクトでは「テクノロジー×エンターテイメント」を軸に新時代の遊びの価値を提案してまいります。
プロジェクト第1弾の商品として、デジタルラップカウンターが白熱のレースバトルを盛り上げる「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」(希望小売価格:12,100円/税込)と、「トミカ」初NFCチップを搭載し、専用アプリと走行データが連動する「スーパースピードトミカ」4種(希望小売価格:各1,320円/税込)を、2021年6月19日(土)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売り場、トミカ専門店「トミカショップ」、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(https://takaratomymall.jp/shop/default.aspx)等にて発売します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る