ソニー、高い解像性能と美しいぼけ描写を兼ね備えた「デジタル一眼カメラα Eマウント用レンズ」を発売

ソニー、高い解像性能と美しいぼけ描写を兼ね備えた「デジタル一眼カメラα Eマウント用レンズ」

発表日:2021年04月20日
超広角 焦点距離14mm、開放F1.8の明るさを小型軽量設計で実現
画面全域での高い解像性能と美しいぼけ描写を兼ね備える
大口径超広角単焦点レンズ Gマスター(TM) 『FE 14mm F1.8 GM』発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応α(TM)(Alpha(TM))Eマウントレンズとして、焦点距離14mm、開放絞りF1.8の明るさを持つ大口径超広角単焦点Gマスター(TM)『FE 14mm F1.8 GM』を発売します。
本レンズは、プレミアムレンズシリーズであるGマスターならではの高い解像性能と美しいぼけ描写を、最先端の光学設計と超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズ等の採用により小型軽量化した本体サイズ(最大径83mm×長さ99.8mm、質量460g)で実現しています。風景や星景、建築、室内撮影、スナップ、ポートレートなどの静止画から動画まで、幅広い撮影用途においてプロをはじめとしたクリエーターの創造性に応える大口径超広角単焦点レンズです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る