川重冷熱工業、ドライ式低NOx水素専焼小型貫流ボイラを発売

川重冷熱工業、ドライ式低NOx水素専焼小型貫流ボイラ

発表日:2021年04月26日
ドライ式低NOx水素専焼小型貫流ボイラを新発売
川重冷熱工業は、ドライ式低NOx水素専焼バーナを搭載した小型貫流ボイラ「WILLHEAT(ウィルヒート)」シリーズを2021年5月より発売します。
本製品は、当社がこれまで石油化学プラントや製鉄所、苛性ソーダの生産工程などで発生する副生水素を燃料とするボイラの製造で培った技術と、川崎重工の持つ水素関連のノウハウを組み合わせて開発しました。地球環境にやさしい次世代エネルギーとして期待が高まりつつある水素を燃料としたバーナを新開発し、ボイラー技士免許が不要な小型貫流ボイラに搭載しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る